寺院からの改葬

寺院からの改葬







お寺からの改葬の場合、いちばん注意しなくてはならないのは、改

葬先の宗派です。とかく利便のみを考え、宗教・宗派はどうでもよい

と思われている方も見受けられます。本来は、お寺にお墓があると

いうことは、そのお寺の檀家としての立場もあるわけですが…、現

代においては、その意味も薄れる傾向にあるのは否めません。しか

し、先々の供養をお考えであれば、同宗派への改葬又は、檀家とし

ての地位を継続しながら民間墓地へ改葬するという選択肢もあるの

ではないでしょうか?ひとつ以外に知られていないのは、戒名につい

てです。戒名は各宗派特徴・規則性があり、何宗かということは、ほ

とんどの場合、わかるようになっています。そのため、無宗派の霊園

はともかく、改葬先の宗派には気をつけなければいけません。違う宗

派の寺院系霊園の場合、まれに戒名の付け替えをするように言わ

れることもあります。(僧侶から直接、伺ったことですが…、異なった

宗派戒名の故人を供養することは、かなり違和感があるとのことでし

た。)その結果として、法外な戒名料を請求されることもないとは言え

ません。


 まずは、改葬元のお寺とよく話し合いをすることが肝心です。引き

とめられることもあるでしょう。お寺にとっては、大切な檀家を失うこと

になり、連鎖的になればお寺としても致命的ですから…。(法律上は

正当な理由なしに改葬を拒否することはできません。)余計なトラブ

ルをさけるためにも、事後承諾はやめましょう。改葬手続きを進める

上においても、お寺の協力が必要です。

 多くの相談者が言うことですが、お寺に対し改葬の申し入れをしに

行くのは、かなりの勇気が必要なようです。


スムースに話を進めるうえでも、当方・改葬コーディネーターをご利

用ください。


【墓地の原状復帰について】

改葬が終了したら、使用していた墓地を更地に戻して返還しなくては

なりません。その費用は墓地使用者の負担となります。寺院墓地の

場合、多くは寺院指定の業者があり、改葬の申し入れをした際に、

聞いておくほうがよいでしょう。


檀家をやめる◇離檀について